スポーツビジネスを成功させる

日本では、まだまだスポーツビジネスは発展途上中です。
スポーツビジネスで成功者になるには、海外で活躍する事が重要となります。
ヨーロッパ、アメリカにおいてスポーツビジネスが盛んなのは、スポーツコンテンツが豊富なだけがその理由では無く、シンプルにスポーツでビジネスを行う事が社会全体で真剣に考えられているからです。
海外ではスポーツはビジネスコンテンツと考え、スポーツでビジネスを行う事で、アスリート、クラブ、スポンサーの三者全てが潤い好循環が生まれると言う社会構図となっています。
代表格であるサッカーは、欧州では単独クラブで年間約900億円を稼ぐ規模となっています。
この社会構図を基にして、サッカー以外の様々なスポーツでもビジネスマーケットを形成しています。
したがって市場規模も増加し、スポーツで生活をする事が広く認知されているのです。
まず、海外でスポーツビジネスの世界で成功者になるにはその世界にどうやって飛び込むかを考える事です。
成功者からの事例でいうと、まずその世界に飛び込む為には「give and give」を考え、「Give and take」よりも相手にメリットを見出させる事に全力を注ぐのが大切です。
日本では、2015年にスポーツ庁が新設されました。
現在は、2020年に開催予定の東京オリンピックに向けて、若年層を主に様々なスポーツに力を入れています。
日本では古くからスポーツは教育の一環と考えられていますが、オリンピックを開催を機に海外でのスポーツビジネスへの取り組みを始めています。