少しの英語力でも成功者になれる

海外で成功者になるためには、英語を話せるスキルが必須となるでしょう。
日本を一歩出た途端、日本語の通じる環境ではなくなります。
道行く人の話し声も、街のサインも、あらゆる場面が日本語ではありません。
他の国の企業が日本を訪問する場合もありますから、わざわざ外国に行かなくても、海外とのビジネスは可能でしょう。
しかし、この場合でもお互いの意思疎通に英語を使うことになるのではないでしょうか。
英語を話せるスキルの習得については、避けて通れなさそうです。
自分には英語は出来ないから、世界を股に掛けるビジネスマンになるのは無理だ、と怖気づいていませんか。
ですが、実はビジネス英語は日常会話に比べたらずっと簡単なのです。
では、憧れの海外で仕事をし活躍する人は、どのようにして成功へ進んでいったのでしょうか。
まず、専門用語が言えるようになっていれば、ポイントを掴んだ会話ができます。
TVなどで、日本人スポーツ選手が外国に行って外国人コーチから指導を受けている場面を観たことをある人もいるのではないでしょうか。
通訳が付いていることもありますが、直接一対一でコーチと話している場面も見かけますよね。
ビジネスの世界では、会話の内容が限定されるので、英語での会話はさほどハードルの高いものではないのです。
当然、英語が話せた方が間違いなくスムーズに仕事も進むでしょう。
ですが、英語がイマイチでも輝かしい仕事ぶりな人もいるのも事実ですし、意外にも海外には少ししか英語を話せないという人はたくさんいます。
したがって、海外で成功するには仕事のスキルの方が重要なのです。
仕事と英語の両方のスキルを伸ばさないといけないのは確かですが、まずは仕事のスキルを伸ばしましょう。
売上を伸ばせる人、顧客から信頼される人、専門的なスキルを持っている人の方が、重要視されるからです。